社会問題について

日本に眠る「現預金1056兆円」が宝の持ち腐れな訳
社会問題について · 2021/09/12
2021年6月に発表された日銀の資金循環統計で、家計金融資産はコロナ禍での外出自粛による消費減少や株高もあり、過去最高の1946兆円と発表された。

アメリカの高校生が学ぶ「自分のお金を守る」方法
社会問題について · 2021/09/01
2022年度からスタートする新学習指導要領では、資産形成教育の一環として「投資信託」の授業が「家庭科」で導入される。他方、かねて学生に対して「お金」の教育を行ってきたアメリカでは、「投資信託」などのお金の「増やし方」だけではなく、なんと「金融詐欺」にだまされない方法などの、「痛い目に遭わないためのお金の教養」も学ぶという。

迫る物流危機、「つながる技術」に高まる期待
社会問題について · 2021/07/29
「今のままでは物流が大変なことになる。運送事業者が立ち行かなくなったら、トラックを買ってもらうどころの話じゃない。運送業界の問題解決に大きく貢献できるようなコネクテッド基盤の確立に向け、ここは協力して取り組むべきだ」

日本人は迫る「デジタル通貨」の新潮流に疎すぎる
社会問題について · 2021/07/24
日本銀行ならびに政府が現金を刷っている間に、世界ではデジタル通貨への流れが加速している。そんな中とくにデジタル通貨で進んでいるのは中国だ。

ドコモ、代理店ノルマを突然「激辛化」した魂胆
社会問題について · 2021/07/04
「主要項目の営業評価が、4月までノルマ達成率120%で満点だったのに、5月から突然、220%以上取らなければならなくなった。ドコモは代理店がどう頑張ってもインセンティブを削って、多くの店を潰すつもりだ」。ドコモショップを営むある代理店幹部は、そう怒りをあらわにする。 携帯大手のNTTドコモが代理店に対し、インセンティブ(販売成績などに対する報奨金)の大幅減に直結する条件変更を通達していることが、複数の代理店関係者への取材でわかった。これによって、ショップあたり年間数千万円以上の減収になる可能性もある。

倒産急増の観光業が「人ごと」ではすまない理由
社会問題について · 2021/06/24
5月後半に内閣府が発表した1〜3月期の国民経済計算1次速報によれば、実質国内総生産(GDP)は前期比マイナス1.3%、この成長が1年続いた場合の年率換算ではマイナス5.1%。2020年度は前年度比4.6%減で、統計上さかのぼれる1956年度以降で最大、事実上、「戦後最悪の落ち込みを記録」と話題になりました。

「格差は不当」と憤る人が気づいてない過酷な摂理
社会問題について · 2021/06/21
今後の世界のあり方に根本的な制約を与える大問題の一つが、格差であり、それによって引き起こされる階級闘争である。

開始5年もいまだ課題「マイナンバー」迷走の真因 新型コロナの給付金申請でトラブルが続出
社会問題について · 2021/06/18
デジタル化の進展もあり、さまざまなところでデータが活用されるようになっています。それに伴って大きな課題になっているのが、プライバシーの保護です。

「日本の水が外国から狙われている」のは本当か 土地の所有者が、その地下水も所有できる実態
社会問題について · 2021/06/16
日本の水資源が外国から狙われている――。こんな話を聞いたことがある人は少なくないだろう。実際、世界中で水不足が発生する中、世界各地で水争奪戦は激化している。 「自分が住んでいる地域は関係ない」と思うことなかれ。例えば、あなたが所有する土地の近くに誰かが土地を取得し、その誰かが外国資本だった場合、あなたが使う水にどんな影響があるだろうか。

自動運転バスが“絵にかいた餅"で終わる理由
社会問題について · 2021/06/10
自動運転は、乗用車や商用車を中心とした「オーナーカー」と、バスやタクシーなど公共性がある交通機関「サービスカー」という2つの領域で、日本を含めた世界の国や地域で、自動車メーカーや自動車部品メーカー、そしてアップル、グーグル、中国のバイドゥなどといったIT系企業が、継続的な事業化について戦略を練っている段階である。

さらに表示する