社会問題について

開始5年もいまだ課題「マイナンバー」迷走の真因 新型コロナの給付金申請でトラブルが続出
社会問題について · 2021/06/18
デジタル化の進展もあり、さまざまなところでデータが活用されるようになっています。それに伴って大きな課題になっているのが、プライバシーの保護です。

「日本の水が外国から狙われている」のは本当か 土地の所有者が、その地下水も所有できる実態
社会問題について · 2021/06/16
日本の水資源が外国から狙われている――。こんな話を聞いたことがある人は少なくないだろう。実際、世界中で水不足が発生する中、世界各地で水争奪戦は激化している。 「自分が住んでいる地域は関係ない」と思うことなかれ。例えば、あなたが所有する土地の近くに誰かが土地を取得し、その誰かが外国資本だった場合、あなたが使う水にどんな影響があるだろうか。

自動運転バスが“絵にかいた餅"で終わる理由
社会問題について · 2021/06/10
自動運転は、乗用車や商用車を中心とした「オーナーカー」と、バスやタクシーなど公共性がある交通機関「サービスカー」という2つの領域で、日本を含めた世界の国や地域で、自動車メーカーや自動車部品メーカー、そしてアップル、グーグル、中国のバイドゥなどといったIT系企業が、継続的な事業化について戦略を練っている段階である。

「ほっともっと」がコメの自社生産に乗り出す訳
社会問題について · 2021/06/05
持ち帰り弁当チェーン「ほっともっと」などを展開するプレナスが、コメの自社生産に乗り出した。食材流通の「最上流」と言えるコメ作りにまで外食・中食業界の企業が進出するのは異例だ。農業経営のノウハウを一切持たないところからのスタートで、一見非効率のような取り組みをなぜ進めるのか。

「ベーシックインカムがいま必要な理由」
社会問題について · 2021/06/03
いまや日本を代表する論客といえる橋下徹氏と堀江貴文氏。 2人の共著『生き方革命 未知なる新時代の攻略法』では、働き方・お金・学び・教育・都会生活などについて、2人の持論が展開されています。 本稿では、同書から一部を抜粋しお届けします。

ドコモ、「アハモでギガホ勧誘」景表法違反か
社会問題について · 2021/05/25
携帯電話大手のNTTドコモは3月26日、格安の新プラン「ahamo(アハモ)」の提供を開始する。 そんな中、昨年12月から同社がドコモショップを営む携帯販売代理店に対し、アハモを前面に押し出して客を勧誘したうえで、高額な大容量プラン「ギガホ」などに誘導するように指示をしていたことが、東洋経済の取材でわかった。ドコモは事実と異なる説明をするように代理店に奨励しており、景品表示法違反(おとり広告や優良誤認、有利誤認)のおそれがある。

SNSがトランプ危機を引き起こしたカラクリ
社会問題について · 2021/05/11
今年1月6日の連邦議会占拠事件にまで拡大したトランプ氏支持者の暴走。陰謀論などの舞台となったSNS(交流サイト)への批判は鳴り止まないが、具体的に何が問題だったのかーー。 1999年に出版した著書『CODE』において、インターネットは著作権の過大な保護のみならず、表現の自由やプライバシー、民主主義システムの維持にも危機をもたらしかねないといち早く警鐘を鳴らしたローレンス・レッシグ=アメリカ・ハーバード大学教授。SNSの構造問題を解き明かし、その対処法について話してもらった。

「北欧は幸福度が高い」と思う人に教えたい真実
社会問題について · 2021/05/03
世界のリアルな姿を捉えるには、数字をチェックするのがいちばんわかりやすい。ただし、参照した指標や数字の受け止め方によってその姿が大きく違って見えてしまうこともある。今回は幸福度ランキングや失業率に関する分析について、バーツラフ・シュミル氏が新著『Numbers Don’t Lie』を基に解説する。

「空間除菌」の商品、10年前から問題に 「売れるから作る」と「おまじない」のスパイラル
社会問題について · 2021/04/11
コロナ禍で「売れ筋」となる空間除菌用品ですが、さまざまな問題点が指摘されています。しかし、このような商品は実は以前から販売され続けているもの。長らく効果が認められていないにも関わらず、なぜ空間除菌をうたう商品がなくならないのでしょうか?

AIが示す「コロナ後日本」の未来は「分散型」社会
社会問題について · 2021/04/01
「都市集中型」か「地方分散型」のどちらが日本の持続可能性にとっていいのか。「東京一極集中」の問題をめぐって、とりわけ新型コロナ禍以降、喫緊の課題となっている。

さらに表示する