日本経済について

「コタツ記事」を重宝するWebメディアの大迷走
日本経済について · 2021/03/01
人々が情報収集や娯楽のためにネットニュースを見るのは、今や当たり前の習慣となった。しかし、ネットニュースの編集者として15年近く働いてきた自分としては、現在の盛り上がりに戸惑いと不安を覚える。 私は2021年1月31日をもって、編集の仕事から身を引いた。これまで身を粉にして、NEWSポストセブンやAbemaTIMESなど複数のネットニュースメディアで約12万本の記事を制作した。それだけ愛着を持てる仕事だったのだろう。しかし、ある時から編集者として働くのがつらくなってしまい、今後は外部の書き手としてのみ関わろうという考えに至った。

「水素」「EV」で急速に国策が動き出したワケ
日本経済について · 2020/12/23
政府が打ち出した2030年代半ばの純ガソリン車の新車販売禁止方針、水素を燃料とした新エネルギー戦略――。政官財が連動した脱炭素化のニュースが連日のように飛び出している。

日本経済について · 2020/11/29
それは、ある地方銀行が記者クラブで決算発表をしている最中のことだった。 「日銀が地銀再編を支援する新しい制度を発表しましたが、どう受け止めていますか」 質疑に応じていた頭取にも初耳の話。当然、想定問答なども用意しておらず、しどろもどろになってしまったという。

日本経済について · 2020/11/27
2020年に開催が予定されていた東京オリンピック・パラリンピック。それに伴う観光産業の活性化を期待し、日本は「訪日外国人旅行者数2020年4000万人」という強気な数値目標を掲げていた。しかし世界中を悩ますコロナ禍によって、もはや目標達成は不可能になってしまった。

日本経済について · 2020/11/25
新型コロナウイルス感染症の影響により、多くの飲食店が閉業に追い込まれています。

日本経済について · 2020/11/24
多くの人にとって人生最大の買い物となる「自宅」。しかし不透明な時代にあって、どんな自宅戦略を採れば良いのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 この連載では、「自宅は夢のマイホームではなく、人生最大の運用資産」と説く不動産コンサルタントの沖有人氏が、「儲かるマイホーム」の選び方を指南します。

日本経済について · 2020/10/14
電動化や自動運転の技術で自動車業界の先端を走るアメリカ・テスラ。その独自性の1つが、もともとノートパソコンなどIT機器用に用いられていたリチウムイオン電池を車両の底に数千本敷き詰めるという設計。この電池を供給しているのがパナソニックだ(中国市場専用モデルを除く)。

日本経済について · 2020/10/11
「3年以内に2.5万ドル(約260万円)のEV(電気自動車)を実現できる。それも完全自動運転機能付きで、だ」 9月22日、EVメーカーの米テスラが開催した電池技術の発表会「バッテリーデー」で、イーロン・マスクCEO(最高経営責任者)はそう宣言した。同時に、電池のコストを半分にし、車の走行距離を5割以上伸ばす革新的な技術についても説明し、この新たな電池を、3年後にはテスラ自身が量産することが発表された。

日本経済について · 2020/10/07
世の中はすでに菅政権に変わり、人々は盛んに「スガノミクス」を叫んでいる。だが、そもそもその前の「アベノミクス」(大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略の3本柱)は成功したのだろうか。

日本経済について · 2020/09/02
「これからの企業経営にはDX(デジタル・トランスフォーメーション)が必要だ」ということが言われますが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って明らかにされた日本の現状を見ると、まず紙のシステムからの脱却が必要です。

さらに表示する