地球温暖化を考える

政府が「2030年ガソリン車禁止」を打ち出した訳
日本人にとって衝撃的なニュースが、2020年12月3日に流れた。これは、政府が進める「2050年カーボンニュートラル」の一環だ。 しかし、これは政府が正式に発表したものではなく、先に開催された第5回成長戦略会議を受けて、経済産業省を中心とした自動車産業変革の施策の一部がメディアに漏れたというのが事実のようだ。

エンジン、ガソリンタンクはありません。大きな電池を搭載して、その電池を自宅や会社、高速道路などにある急速充電スポットや、モール・ホテル・旅館などにある充電スポットで充電します。

今年も台風シーズンがやってきました。地球温暖化のせいで、台風は年々強くなり、巨大化し、日本にもガンガン接近・上陸している。今後は伊勢湾台風レベルの台風が日本に山ほど訪れて、たくさんの死者を出すぞ! いったい地球はどうなってしまうんだ……! 台風シーズンになると、そのような声がたくさん聞こえてきます。

酷暑を耐え抜き、9月に入り今度は「台風」シーズン突入となりました。昨今の台風の特徴としては、海面水温が高いがため、勢力を増しながら日本に上陸し、甚大な被害をもたらします。災害に備えることが「命」を守ることに繋がります。

今年も猛暑の夏が続いている。気温が40度を超す、もしくはそこに迫る日が各地で続き、8月17日には静岡県浜松市で、これまでの国内最高気温と並ぶ41.1度を記録している。同じ気温は2年前に埼玉県熊谷市で観測されていた。

アンチエイジングやダイエット効果など美容効果満点で、世界中の美に敏感な女性たちの定番になっているドライフルーツ。栄養価が高くカラダを冷やしにくいので、冷えを気にする女性でも安心して食べられると大人気です。

年々猛威を奮う大雨。線状降水帯による大雨は各地に甚大な被害を引き起こしています。河川の氾濫や土砂崩れなどいままでに経験のない災害が次から次へと押し寄せてきます。もし被災したら?の疑問にお答えします。

真夏の熱中症対策は万全でしょうか? 年々厳しさを増す「日本の夏」ですが、備えあれば憂いなしです。

毎年、地軸の傾きや温暖化が原因いよる異常気象が乱発しております。今までに経験がなかった、豪雨による水害など、年々被害規模が拡大しております。もはや、人命を守るだけで精一杯な状況下で、わたしたちはどう備えるべきか?

アフリカ東部では、数えきれないバッタの大群が農地を駆け抜け、ここ数十年で最悪の被害が広がっている。

さらに表示する