ビジネス

YouTube動画を成功させる"知られざるコツ"
ビジネス · 2021/01/11
YouTubeを活用して若年層の顧客を獲得したい──。そんな思いを抱く企業は多いかもしれません。しかし、「何からどう手を付けていいのかまったくわからない」と頭を抱えているPR担当者たちがたくさんいます。

「一生許されない人」「OKな人」謝り方、6つの差
ビジネス · 2021/01/09
人々を完膚なきまでにたたきのめそうとするメディアや一部の人たちの姿に、人間の強烈な妬み意識や制裁感情の恐ろしささえ覚えますが、古今東西、有名人の不祥事はお茶の間の格好の「娯楽」「ネタ」として、注目を集めてきました。

「疑いの目」でアイデアを出すピラミッド図の力
ビジネス · 2021/01/07
「考える」ことは意外に難しい。本質的な解にたどり着き、より素晴らしいアイデアや、効果的な問題解決策を導き出すために「よく考えよう」「深く考えよう」とは言われるが、具体的にどうすればよいのか。「地頭」力を鍛えることも重要だが、より即効性を求めるには、「図頭(ずあたま)」を使うアプローチがあるという。つまり「図を描いて考える」ことでモノゴトを抽象化して捉えなおすということだ。

フェイスブックが「VR」に力を入れまくる理由
ビジネス · 2021/01/07
フェイスブックが2020年10月に発売したVR(仮想現実)ヘッドセット「Oculus Quest (オキュラス・クエスト)2」。専用アプリをダウンロードすることで、ゲームをはじめとしたさまざまなVRコンテンツを楽しむことができる。 同月末の第3四半期決算発表の際にはマーク・ザッカーバーグCEOが、オキュラス・クエスト2の予約注文が初代クエストの予約注文を5倍以上上回ったと言及。初速の好調ぶりがうかがえる。VR・AR(拡張現実)で、同社はどんなビジネス展開を模索しているのか。フェイスブック ジャパンの味澤将宏代表に聞いた。

コロナで爆増「マウンティングおじさん」の実態
ビジネス · 2020/12/31
「お客様との信頼関係は、こうやって築くもんだ。オンラインネイティブの君には、なかなか難しいかもしれないが」

Uberが後発なのに世界一になれた経営学的理由
ビジネス · 2020/12/26
18世紀の産業革命は、大型設備をつくり、集中生産をして、コスト低下と効率向上を実現するという「大企業モデル」を生み出しました。同時に「資本主義のもとでの市場経済」も生み出されました。 これらのもとに経済学では、企業が利益の最大化、消費者が満足度の最大化をそれぞれ追求したとしても、「社会が最適点に均衡する」という考え方がなされました。要は、世のため人のためではなく、「企業も個人も自分の利己的な利益を追求してもよい」とされたのです。それ以前は、共同体の利益よりも自分の利益を優先することは「悪」とされていました。 そこから昨今では、新しい変化が起きています。「脱資本主義」の経営が生まれ、「後発の小企業」が「先発の大企業」を負かせる時代になりつつあるのです。

社員全員「業務委託」にした会社に起きた変化
ビジネス · 2020/12/24
2020年も、残り1カ月を切った。歴史的パンデミックとの共存を迫られる中、大きな変化があったものといえば、私たちの「働き方」だろう。リモートワークの導入を端緒に、労働の当たり前を問い直す時間は、今も続いている。

ビジネス · 2020/12/16
今年9月、神奈川県横浜市に女性客をターゲットにした業態店「#ワークマン女子」を初出店し、多くの話題を振りまいているワークマン。コロナ禍でも売り上げは順調に伸び続け、依然として好調さを維持している。この躍進の主な原動力は、ワークウェアをベースにした一般ユーザー向けウェアの開発や、一般ユーザーも入りやすい業態店「ワークマンプラス」の開発とされているが、もう1つ、陰の功労者がいる。フランチャイズだ。

ビジネス · 2020/12/15
「マスマーケティングの時代は終わった。これからはターゲット(顧客)を絞り込め」と言われるが、現実にはコーク(コカ・コーラ)のように成功している商品はターゲット顧客を絞り込んでいない。

ビジネス · 2020/12/10
近年、新しいビジネスモデルとして流行している「サブスクリプション」。買い切りではなく、自社製品・サービスを「定額料金」で長く使ってもらうビジネスモデルだ。これからのビジネスを生き残るにあたって導入は必須だが、注意点がある。

さらに表示する