コロナウイルス(COVID-19)

ウイルスは、ほかの微生物と同じように感染性をもつ、微生物のような粒子です。そのサイズは微生物の中で特に小さい細菌類よりもさらに10分の1ほど小さくて、例えばインフルエンザウイルスは100ナノ(1ナノは10億分の1)メートルほどです。

いつもお読みいただきありがとうございます。 ひでどん(@komatu00713)です。 先般には、「オゾンガス」が新型コロナを不活性化できる事実を発見したと言う記事をご紹介しましたが、今回はあのシャープの「プラズマクラスター」が空気中の新型コロナ減少に効果があると実証実験で証明致しました。...

PCRはウイルス感染やDNA型鑑定などに使う 新型コロナウイルス感染症に関わる一連の報道の中で、その検査方法として「PCR」という言葉がしきりに出てきました。PCRは、今回のようなウイルス感染の検査や、DNA型鑑定(遺伝子鑑定)などに使われる技術です。...

今年の初頭から始まった新型コロナウイルスの蔓延も、はや半年以上が過ぎ、その特徴がだんだんとわかってきて、感染防止策も確立しつつあります。 しかし、ワクチンが実用化するまでにはまだまだ時間がかかりそうであり、この冬はワクチンなしで、徹底した感染防止策で乗り切らねばなりません。

アップルは同社スマートフォン『iPhone』向けの最新iOS『iOS 13.7』の配信を9月2日に開始しました。  『iOS 13.7』にアップデートすると、『iPhone』の標準機能として新型コロナウイルス(COVID-19)接触通知が利用できるようになります。

「新型コロナ」の感染予防対策の救世主となるか?自然界に存在する「オゾン」が「新型コロナウイルス」の除去効果があるという事を明らかにしました。

国内の感染者数が都市部を中心に全国的に増加し、メディアを見れば第2波、第3波という言葉が飛び交っている。この先どうなるのだろう。春先以来、ずっと不安が胸に巣くっているという人は少なくないだろう。 しかし病を引き起こすウイルスだけが人々の不安を醸成しているわけではない。7月に刊行された『コロナ危機の社会学 感染したのはウイルスか、不安か』では、政治とメディア、そして人々の意識がどのように相関し、不安を醸成していったのかが解き明かされている。同書の著者、東京工業大学准教授で社会学者の西田亮介さんに、コロナ禍を機に見えてきたメディアの問題について聞いた。

手作りの布マスクは、市販されている一般的な不織布マスクと同程度に飛沫(ひまつ)を抑える効果があることが、理化学研究所のスーパーコンピューター「富岳(ふがく)」によるシミュレーションで24日、分かった。

新型コロナウイルス感染拡大により、全世界の人々の社会生活や経済が大きな影響をうけています。そんな中、医療情報に関しても、多くの情報が錯綜するとともにあふれており、どれを信じてよいのか、誰を信じてよいのかと悩まされている声を頻繁に聞きます。

新型コロナの「PCR陽性者数」が増加するたびに、「2週間後の日本」「2週間後の東京」について、重症者や死者の急増を予測する「専門家」たちがいる。しかし、実際は重症者も死者もほとんど増えず、予測は当たっていない。その原因は、当初思い込んだ「新型コロナにかかれば死ぬ」という恐怖の「コロナ観」にこだわっているからではないか。

さらに表示する